実行委員長挨拶

「第43回錦祭」公式Webサイトをご覧の皆様、こんにちは!

錦祭実行委員長の澤田真由美です。

 

錦祭とは、鳥取大学医学部(米子キャンパス)の学園祭のことです。

今年は、1022日(金)~24日(日)に米子キャンパス内、港山公園内において開催します。

 

今年のテーマはJOINT

JOINTとは「つなぎめ」という意味を持つ語です。

錦祭という場が、学生、病院、地域の人々とをつなぐ場でありたい、医学を身近に感じて頂ける場でありたいという思いからテーマを決定しました。

 

米子キャンパスは、鳥大付属病院をはじめ、地域住民の方々と深い関係を築いています。

私たちは日頃より、地域の方々から大変お世話になっており、皆様の支えにより医学の勉強、スポーツにと打ち込むことが出来ています。

この感謝の気持ちを錦祭で皆様に伝えていきたいと思っています。

 

錦祭は学生だけでなく、より多くの地域の方々に参加して頂き、楽しんで頂けるよう、実行委員をはじめ学生全体が企画・運営に携わり、準備に奔走しています。

 

医学部キャンパスでの、医学部生による学園祭ということで、病院との交流を行ったり、医学展示局による地域の方々へ医学をより身近に、そして健康について考えていただける場を設けたりと、他にはない医学部独特の企画があるのが大きな目玉となっています。

 

総勢500名をこえる学生が錦祭に携わり、錦祭を作り上げていきます。

鳥取大学医学部のパワーあふれる学園祭に、是非遊びに来て下さい!

 

皆さまとお会いできるのを心より、お待ちしています。

 

 

第43回錦祭実行委員長

澤田真由美